FC2ブログ
ごま家
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフケアのススメ
わんこの為に、と習ったケアなのですが。

講習で院長先生に「旦那さんにやり方教えたら、自分がケアしてもらえるよ」って言われて。
その時は、あー、なるほど。と思っただけだったのですが。

昨年末、持病の腰痛の、ひどくなりそうな気配を感じたので
試しにと、わんこにやるように骨盤まわりをケアしたら!
普通に動けるようになりました!

ごぱぱも腰が痛いと言うのでケアしたら
さっきより全然ラク! と…。

全てのヒトの症状に有効とは行かないかもしれませんが
ごま家的には、痛くなったらとりあえずセルフケア、が浸透し始めております。

そして、わんこもこんなふうにラクになってるんだって実感。
ケアする意欲が新たに湧いてきました。

そして気付けばケア好きごま家になっております。

ごぱぱをケアしようとすると、ボクが先&アタチが先 と
ぴぃぼんがごぱぱの横にゴロンします。 

そんな姿を見ると、ちょっとシアワセ…。

ぜひぜひケアを覚えて、沢山役立てて頂きたいです!




ただ…。
ヒト@ごぱぱは 痛いのはソコじゃナイ とか
もぉ飽きた とかウルサい。

ワタシ的には、ウットリ大人しくしててくれる
ぴぃぼんのケアの方が楽しいです。( ̄。 ̄;)


スポンサーサイト
課題?
ごま家はディスクドッグをしております。

で、思っていたのですが。

もしかして、犬護舎さんに来てるディスクドッグは
アジリティードッグより、かなり少ないのではないか?

ディスクやってる飼い主さんが、アジリティーな飼い主さんより
犬の体に関心がない??

いやっ、そんな事は絶対にありませんっ!!

投げはしませんが、見るだけは長いワタクシメ。
どの飼い主さんも、ご自分のパートナーを本当に大切にしてらっしゃいます。

ならば何故? か?

もしかしたら、投げ手と捕り手がカバーしあえるという
この競技の良い点が、この場合はマイナスに働いてる?

例えばパートナーの足が遅くなった、とかキャッチ率が下がってきた
などの問題も、投げ手に力量があると目立たなくなってしまう。

その点アジリティーは、走り手の調子は成績を大きく左右するような?
また動きも多種類だし、決まってるし。
コンマ何秒を争う訳だから、走りにもシビアになりますよね。

逆を言えば、ケアして動きが少しでも良くなれば
結果に反映されやすい、と…。

うむむ。

確かに、ケガの予防になりますよ とかより
はるかにケアに対する関心もモチベーションもあがりますよね。

そうして早くからケアをする事が、実は元気なシニアにするために
とても大切な事だと思うのだけど。


と、言う事は? ディスク界にもっとケアを浸透させるには?

ディスクドッグ競技でも、ケアで課題をクリアできますって
検証すればよい? ってコトですか?

課題…。
因みにウチの今一番は、ふくちゃんがディスクを渡さないで噛み壊しちゃう事なのですが…。

これは…? ケアノリョウイキトチガウ?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。